毎日ランニングをするのは逆効果?オーバーワークがもたらすデメリットを理解しよう

あなたは週にどれくらいの
頻度でランニングをしているでしょうか?

週3日?

週5日?

1日おき?

毎日走っているという猛者も
もしかしたらいるかも知れませんね。

今回は、ランナーならば
誰もが耳にしたことがあるであろう

毎日ランニングするのは逆効果である

というお話について解説して
いきたいと思います。

前提の問題

さて、まず上記の問題を考える上で
明確にしておかなければいけないのが、

どのような人にとって
毎日のランニングが逆効果なのか

ということです。

例えば陸上競技で
オリンピックを目指す人に対して、

毎日ランニングしちゃダメですよ!

なんて言っても

何を言ってるんですか?

で一蹴されて終わりです。
ですから、上記の提言は、
当然ながらアスリートに
対するものではありません。

では

毎日ランニングをすることは逆効果

とは、誰に対して向けられている
言葉なのか?

どのような目標に対して
逆効果なのか?

これは、実は

ダイエット目的で
ランニングを始めた
ランニング初心者

に向けられた言葉なのです。

other_beginner01

ダイエットの大原則

まず、痩せる、という事に関して

消費カロリー>摂取カロリー

の状態になっていれば、
身体はどんどん痩せていくという
原則があります。

ですから、基本的に、痩せるということを
考えれば、毎日ランニングをするのは、
どんどんカロリーを消費する行為なので
むしろ好ましいのです。

実際、毎日鬼のように走っている
陸上競技の長距離選手なんかは
非常にスマートな身体をしていますよね。

毎日ランニングをすると、
どんどん身体が引き締まることは
彼らが証明してくれています。

では何故、毎日ランニングをすることが
悪のように語られるのか?

そこには、ランニングを始めたばかりの方が
陥りがちな、心理的な罠があったのです。

走ることは義務ではない

ランニングを始めたばかりの頃と言うのは、
非常にモチベーションが高いはずです。

ですから、

毎日走ろう!

と意気込む方が非常に多くなるのです。

この

毎日走ろう!

が、自主的に「走ろう!」となっている内は
良いのですが、この意欲が高すぎる故に、
いつしか

走ろう!

から

走らなければいけない・・・

に変わり、会社の都合などで走れなくなった時に
自己嫌悪に陥る、また、

走らなければ!

という義務感が重荷になり、
いつしか走る行為自体が嫌になってしまい、
最終的にはランニングをしなくなる・・・

こういった方が、
非常に多いです。

基本的に、初心者の方は
あまりハードでないランニングを
したとしても、翌日、身体に
ダメージは残ります。

ダメージが残っている状態で
ランニングをしても、肉体が
回復していないので気持ちよく
ランニングができませんし、
筋肉もどんどんやせ細っていくので、
代謝も下がってしまいます。

energy_ha_kurau

こういった状態が長く続いてしまうと、
ダイエットという観点から見ても
あまり良い結果は得られませんし、
精神的にも辛い状態が
続いてしまいます。

毎日走りたい!

という意欲から、

毎日走らなければいけない!

という義務感に変わってしまうこと、
これが、

毎日ランニングをするのは逆効果

と言われる所以なのではないかと
思います。

ランニングに限らずですが、
あらゆるトレーニングに共通することは、

継続すること

です。

1週間に1回、10km走るより、
1週間に3日、3.3kmずつ走った方が
より高いダイエット効果を得ることができます。

ですから、

ランニングを毎日してはいけない

のではなく、

ランニングをすることを辞めてはいけない

が正しい言い方だと
私は考えています。

もちろん、毎日走れるのであれば
毎日走った方が、より高い効果は
得られるでしょう。

ですが、その走るという行為が苦痛になり、
途中で辞めてしまっては意味がありません。

継続を妨げる要因になってしまうため、

ランニングを毎日続けるのは逆効果

という説が生まれたのでしょうね。

結論

というわけで、今回は

毎日ランニングをするのは逆効果なのか?

という事について解説してきたのですが、
この真相は

毎日ランニングをしてもいい、
でも、途中でランニングすることを
放棄してしまっては意味がない

と、いうものでした。

また、ダイエットという観点から見れば
もちろんランニングは非常に効果は
高いのですが、ランニングのみだと
体質的に、非常に痩せにくい身体に
なっていってしまいます。

有酸素運動って毎日しても痩せないの?そんなあなたの疑問に答えます!

ですから、もしあなたが
ダイエットをしたいという目的で
ランニングをするのであれば、
毎日ランニングをするのではなく、
週に2~3日は
筋力トレーニングを取り入れる日を
作った方が、よりダイエットには
効果的だと思います。

早く結果を出したい

という気持ちはもちろん分かるのですが、
その気持ちがいきすぎると
却って逆効果になってしまう場合も
多々あります。

大事なのは、

気持ちに余裕をもって、
トレーニングを楽しむこと

これに尽きます。

gatag-00010135

週に3日でも、しっかりトレーニング、
ランニングを継続していけば、
2か月後、3か月後、
間違いなくあなたの肉体は
変化してきます。

1週間おきに写メを撮ったりしたら、
自分の肉体の変化をしっかり感じる
ことができて、トレーニングが
より楽しくなるかも知れませんよ?

何にせよ、一番大切なことは

継続すること

です。
人間、辛い事や苦しいことは
継続できません。

肉体の変化も、ランニングも
楽しみながら、理想の肉体を
手に入れちゃいましょう♪

それでは、最後までお付き合い頂き
ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です